コンタクト

アドレス(URL): http://www.lifeschool.org

自己紹介文

 School of Healing Arts and Sciences校長。ヒーラー、教育家、牧師。

 ニューヨーク州立大卒(理学士)、バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング(BBSHニューヨーク校)4年制ヒーリングサイエンス課程卒、ニューヨーク州 Center for Intentional Living(CIL)3年制心理療法コース卒、オハイオ州アライアンス統合医療病院医学エネルギー・ヒーリング研修修了、カリフォルニア州Healing Light Center Church(HLCC)神学校神学課程卒(神学修士、自然神学専攻)。

 子供の頃から「隠された知恵の教えの伝統」を追い求め、精神と物質を統合するアルケミー(精神的錬金術)を自分の道と感じていた。アメリカ生活中は部族に伝わるメディスンの教えを学び、以来アルケミーとメディスンの知恵の伝統と教えを生き方の土台としてきた。

 1995年にBBSHを卒業後、ヒーラーとして臨床に携わりながら同校にて教師を務め、ヒーリングとフラワーエッセンス療法の分野で臨床と教育に携わる。1999年に同校を退職、ヒーリング教育センター(現 School of Healing Arts and Sciences)を設立。1999年より15年間、ロザリン・ブリエール博士の下で補完医療としてのハンズオン・ヒーリングを学ぶ。2009年に神学修士課程を卒業、牧師として叙任。

 フラワーエッセンスの分野でジェシカ・ベアー医師のバック(Bach、バッチ)療法システム、FESの療法理論を学んだ後、長年の研究と実践を重ね、現在はフラワーレメディとフラワーエッセンスを、人と自然の関係性に基づいた癒しの道すじである「フラワー・メディスン」として教えている。

 心と体のバランスと統合を求めてコンティニュアム・ムーヴメントやボディワークの分野でも多年の研修を積み、5年間住んだハワイでは現地の伝統的ヒーリングやロミロミを学び、ハンズオン・ヒーリングに統合してきた。

 クラスやレクチャーでは、ヒーリングの理論と臨床、生物学、生理学、心理学、アート、哲学、比較文化論、社会学、スピリチュアリズム、アルケミー(精神的錬金術)の伝統、先住部族の教えとシャーマニズム的アプローチなど、多様な分野を縦横無尽にカバーする。

 2008年には九州大学21世紀プログラム「課題提示科目 II」の講師も務めた。現在はハンズオン・ヒーリング協会とフラワーエッセンス療法学会顧問も務める。

 ヒーリングと教育活動の傍ら、翻訳や執筆活動にも従事。翻訳書『癒しの光』バーバラ・アン・ブレナン、『フラワーエッセンス・レパートリ』パトリシア・カミンスキ&リチャード・キャッツ。執筆/インタビュー記事多数。

 趣味は乗馬とダイビング、楽しみは絵を描くこと(個人サイト、工事中)。魔術と錬金術をテーマにした小説も執筆中。
http://starry-skies.blue.coocan.jp/index.html

興味のあること

乗馬 今は外乗トレッキングのみ。おもにヨーロッパ、ときどき北海道。シチリア、トスカーナ、ラングドック・ルシヨン、バリ島、ボルネオ島、クレタ島、エジプトやハンガリーなどでも乗っています。 ダイビング 好きな場所はガラパゴス、ビミニ、ラパス、コスメル、カウアイ島とニイハウ島。 (乗馬、ダイビングとも、ブログの「動物といっしょ」カテゴリに記事あり)