« フラワーエッセンス・ヒーリングの方法論 | Main | エドワード・バック(バッチ)「癒しをもたらす12の植物とその他のレメディ」(2)(3) »

エドワード・バック(バッチ)「癒しをもたらす12の植物とその他のレメディ」(1)

原典に触れる、原点に帰る

 『The Twelve Healers & Other Remedies』(1933年)は30ページの小著ですが、数少ないバック医師本人による文章として残っているもので、フラワーエッセンスを学ぶ者に とってはもっとも重要な文献の一つです。

 これを読んでいると本当に、原典に触れること、そして原点に帰ることの大切さを思います。

 「オリジナルの定義はこんなにシンプルだったの?!」という感じですが、しかしシンプルな分、核心をついて、それぞれの花に対応する性質をもれなく、無駄なく、的確に表現しています。
 

 原著は著作権保護期間が終了しているので、原文から訳出して内容を紹介していきたいと思います。底本は1936年出版のC. W. Daniel Co.版です。

 (なお翻訳文には新たに二次的著作権が発生しますので、引用・転載する場合は訳者名の記載をお願いします。)

*Wikipedia 著作権の保護期間、および二次的著作物の著作権について 

 英文の原書はこちらで読めます。

▽ 文書共有サイト Scribd The Twelve Healers by Dr. Edward Bach 

▽ 原書の無料ダウンロードはこちら(PDF) The Twelve Healers 1936

 




『癒しをもたらす12の植物とその他のレメディ』

Edward Bach/エドワード・バック

序文

 記録に残らぬような昔から、病気の予防と治療の方法が、神意なる配慮によって、大いなる自然の中に配されたことが知られている。それは神聖な力によって強められた薬草や植物、樹木という形で与えられた。

 大いなる自然のレメディ(治療薬)の中でも、その慈悲の働きにおいて、明らかに他より優れたものがあり、それらがこの本でとりあげられている。これらのレメディには、あらゆる種類の病(やまい)や苦しみを癒す力が与えられている。

 これらのレメディを用いて患者を癒すのに、病の性質自体には注意は払われない。癒されるのは「人」そのものであり、人がよくなるにつれ、病は去る。健康さが増すことで、病は追い出されるのだ。

 同じ病気でも人によって異なる影響があることは、誰でも知っている。癒すことが必要なのはその影響の方だ。なぜならそれは、病気の本当の原因を教えてくれるからだ。

 心は体のもっとも繊細で敏感な部分であって、病気のはじまりとその過程を、体よりもずっとはっきりと表す。であるから、「心がどうなっているか」ということが、必要なレメディを選ぶための手がかりになる。

 病気の時には、普段の生活の時とは異なる気分の変化がある。よく観察している人は、この変化をしばしば病気になる前、 時にはずっと前に気づくことができる。そしてレメディによって、病気として表れる前にそれを防ぐことができるのだ。病気になってすでにしばらく経っている時にも、病む人の気分が、正しいレメディへの手がかりである。

 病には注意を払うな。病にある人の人生に対する態度だけを考えよ。

 この本では、38の異なる心の状態が簡単に記述されている。本人にも、あるいは他の人にも、現れている状態(または複数の入り交じった状態)を見分け、癒しをもたらすのに必要なレメディを選ぶのは難しくないはずだ。

   この本の『Twelve Healers(癒しをもたらす12の植物)』というタイトルは、多くの読者になじみのあるものなので、[改訂版として38種類のレメディを含めた本書の 発行にあたっても]そのまま残された。

 12種類しかレメディが見つかっていなかった当時でも、人々の苦しみが確実に軽減され、有益であったので、公にすることが必要だと判断されたのだ。それから他の26種類が発見され、シリーズは完全なものになった。最初に見いだされた12種類は、巻末のリスト中、*で示されている。

[序文、ここまで]

 この後、各レメディの簡潔な紹介、服用方法、レメディの生成方法が続きます。


註1 スクリーン上での読みやすさを配慮して、原文にない追加の改行を加えています。

註2 [ ]内の句は訳者が補ったものです。

|

« フラワーエッセンス・ヒーリングの方法論 | Main | エドワード・バック(バッチ)「癒しをもたらす12の植物とその他のレメディ」(2)(3) »

04. フラワーエッセンスとアルケミー」カテゴリの記事