« フランツ・バードン 20世紀の最良のアルケミスト | Main | ヒーラーと霊媒、するべきこととしてはならないこと/米国スピリチュアリスト教会連合の文書から »

フラワーエッセンス&フラワーレメディ講座(3) 「フラワーエッセンスとアルケミー」編

フラワーエッセンス、フラワーレメディってなんだろう
「フラワーエッセンスとアルケミー」編

  先号に続き、フラワーエッセンスとアルケミーの関係について理解してもらうための資料として、2003年5月から2004年5月にかけて『ヒーラー&アルケミスト』に連載したチャネリング文を載せておく(長いので何回かに分けて)。

序 論
by Overlighting Deva of Flower Essence

(続き)

  そうして次に、動物界と人間界があります。動物界での表現の中心となるのは、アストラル・レベルのエネルギーです。これは人間も同じです。というのはもちろん人間も動物界の一員でもあるわけですから。

 違いは、人間はさらに、意識的な精神性をその存在の表現に加えている点です。それを除けば、人間は基本的に動物です。あるいは、意識的な精神性をあまり発達させずに生きるのであれば、その人の存在表現は、動物たちとあまり変わりません。というより、動物たちが有している本能の知恵から乖離している分、その人生は難しいものになりがちであると言えるかもしれません。

 このようにして見てくると、フラワーエッセンスの働きの仕組みの鍵ないしエネルギーの乗り物となるのは、アストラル・レベルのエネルギーであることがわかります。

 ただし、それだけではありません。このエネルギーを個々の形にパターンづけている、一つ一つのいわば枠型があるのです。それがアーキタイプ(元型)とも呼ばれる、エネルギーのパターン、テンプレート(鋳型)です。エッセンスの乗り物となるのがアストラル・レベルのエネルギーであり、それを形づけ るのはテンプレート・レベルのエネルギーなのであって、したがって、フラワーエッセンスが生成されるためには、この両方について理解され用いられることが 重要です。

 そして植物と動物の関わりにおいて、このアストラル・レベルのエネルギーが仲介役となる、ということも理解できるでしょう。

 けれども、アストラル・レベルのエネルギーは同時に媒体、仲介役であって、「エッセンス」、本質ではありません。ここでは、生成されたフラワー エッセンスと、この「本質」を意味するものとしてのエッセンスを区別するために、後者をエセンティアと呼びます。これはラテン語で、エッセンス(本質、実 在、存在、精)を意味します。

 エセンティア自体を花から水に移すということはできません。花のエセンティアをフルに経験するためには、その花とともに在らねばなりません。です から、エッセンスの生成において行われるのは、このエセンティアのパターンをテンプレートレベルのデータの形で、水にエンコーディング(転写する、刻み込 む)ことです。

 このパターン化とエンコーディング自体はアストラルレベルではなく、テンプレートに基づくプロセスです。エッセンスの生成に関与する私たちデーヴァと呼ばれる存在が、テンプレートレベルの存在であると言われることも、これに関係しています。

 さて、このような原理で生成されたエッセンスは、その作用を、要素の対応、すなわち共振性によっています。植物と動物とがそれぞれ地上に形をと り、成長し、種を長らえ、また進化していく過程で有し、発達させてきたたくさんの要素、それらは周りの環境との関係において形成され表現されるものですが、それらの間にある対応関係に気づき、読みとることが、個々のフラワーエッセンスの働きかけのパターンを読みとる際に鍵となるものです。

 ですから、フラワーエッセンスについて理解するためには、その植物自体を理解することが必須である、植物に触れ、観察することが大切である、と言われるのです。

 そしてそれと同じことが、動物、そして人間についても言えます。植物に接し、その色、形を見、匂いをかぎ、手触りを確かめ、その生育の場所を肌で感じとるのと同じことを、動物、人間に対しても行わなければなりません。その種の特徴について理解し、体の形態と機能について理解し、自己表現の方法について理解しなければなりません。

 現に人間、そして動物に接して、その声を聞き、姿形を見、肉体や感情を通して、その存在の表現を感じ取って、そこに表現されている種として、また個体としての特徴、要素をよく見極めなければなりません。人間と動物の観察において注意が必要とされるのは、植物においては個体性、個性というものはあまり重要でなく、種の中で比較的均一であるのに対し、動物においては種の特徴と合わせて個体の個性というものが存在し(これは魂の性質と関係します)、それはさらに人間において個体間の個性の違いが大きく、また重要になってくるという点です。

 ですから、あなたが本当にフラワーエッセンスについて、そしてそれを用いた療法について理解したいと望むなら、単純化されたマニュアルやガイドブックに頼ることを止めねばなりません。それはあくまで初期の学習の手引きとして、ある程度の知的理解が身に付いたなら、何よりもまず家の外に出て、野や 山に出て、植物を見ること、そして自分のまわりの人間や動物を見ることを始めなければなりません。

 自分で観察し経験して得た知識に基づかない知識は乾いたもの、ある意味で生命を欠くものです。もちろん、優れた執筆者によってまとめられたレパー トリからは得るところは多くあります。しかしそれとても、あなたがその文字のみに頼り、定義に頼ろうとするなら、ある時点を越えて、先に進むことはできな くなるでしょう。

 人間は進化している、動物も進化している、そして植物もコンスタントに移り変わり、環境に適応しています。今世紀の初頭に適切であった定義が、今この時点では完全に当てはまらなくなる場合も当然あります。

 個々の国や文化にはまた特有の個性、共有される文化圏、民族の魂と呼ばれる個性があります。一つの国において有意義な定義が、別の国においてはそれほど意味をなさない、あるいは別のより適切な定義が存在することもあります。

 なぜなら、定義はあくまでも、扱われるエセンティア(本質、精)を、いくつかのフィルターを経て、人間の限られた経験を通して言葉にしようとする試みだからです。そしてこのフィルターには、言葉、文化、国の風土といったものが、必然的に関わるのです

 その意味では、定義はコンスタントに集積され、作り替えられ、生まれ変わり続ける必要がある、ということができるでしょう。そのようなプロセスを恒常的に維持してのみ、それは生きたものとなり得るのです。

(続く)

Flower Medicine: Essence, Remedy, Healing』2014年6月9日号(Vol. 31)

|

« フランツ・バードン 20世紀の最良のアルケミスト | Main | ヒーラーと霊媒、するべきこととしてはならないこと/米国スピリチュアリスト教会連合の文書から »

04. フラワーエッセンスとアルケミー」カテゴリの記事

05. 自然 生命 動物 植物」カテゴリの記事