« オーラってなに | Main | オーラ(エネルギー・フィールド) 目に見えない世界を見る »

December 01, 2006

オーラ:私たちの体を包み流れるエネルギー

 人の体は、絶えることなくまわりの世界からエネルギー(気)をとり入れている。とり入れられたエネルギーは、さまざまな通路を通って体を流れる。

 エネルギーの流れる通路を中国では「経絡(けいらく)」、インドでは「ナディ」と呼ぶ。複数の通路が交差する場所が「つぼ」で、さらに多くの通路が集中する場所が「チャクラ」だ。だからチャクラはエネルギーの「中枢」と呼ばれ、人間が生きていく中で大切な働きをする。

  小さなチャクラはひざやひじ、手首など、体中の関節に位置する。大きなチャクラは体の中心線に沿って7つ、位置している。チャクラにはエネルギーをとり入れる働きと送り出す働き、そして変容させる(一つの状態/周波数から別の周波数/状態へと変える)働きがある。チャクラも経絡も、人間のオーラ(ヒューマ ン・エネルギーフィールド)の一部だ。

 オーラ(ヒューマン・エネルギーフィールド)は、人間の心(意識)と体をつなぐ媒体。心に起きた変化は、エネルギーを通して体に伝わる。体に起きた変化は、エネルギーを介して心に影響を与える。エネルギーの海の中で私たちの心と体は、絶えず変化している。

 一人の人のエネルギーの全体を伝統的な表現で「オーラ」、最近の言葉では「生命フィールド」「ヒューマン・エネルギーフィールド」と呼ぶ。オーラとはつまり、一人の人の生命エネルギーの総和だ。

 「オーラの大きな人」「カリスマ性の強い人」とは、生命エネルギーの総和の大きな人。自分より大きなオーラをもった相手に、人は本能的に憧れ、従う性質がある。

  さまざまな現象や出来事、人間の行動の背後にエネルギーのパターンを見ることができると、世界の仕組みがわかりやすく、面白く見えてくる。そしてすべての ものが途切れ目なしにつながり、すべての生命は互いにエネルギーの見えない糸で織り合わされていることに気づく時、自分と世界を見る新しい、そしてより本 当の視点が開けてくる。

(『スピリット通信』創刊号)

|

« オーラってなに | Main | オーラ(エネルギー・フィールド) 目に見えない世界を見る »

07. 体と心 チャクラとエネルギー」カテゴリの記事