« オーラとチャクラ:太めの人の運動はなぜ続かない? | Main | オーラの色の意味 »

December 01, 2006

オーラとチャクラの働き

 オーラとチャクラの構造について、もう少し話を続けよう。

 チャクラには、エネルギーをとり入れるのがおもな働きのものと、エネルギーを送り出すのがおもな働きのものがある。

 「すべてのチャクラはエネルギーをとり入れる」と書いてある本もあるが、これがそうではないことは、実際にチャクラにエネルギー(生体エネル ギー、「気」)を流して、その反応を観察してみればわかる。チャクラの中にはエネルギーを自然に吸い込むチャクラと、そうでないチャクラが明らかにある。

 自然にエネルギーをとり入れる主なチャクラは、足の裏と、1、2、4、6のチャクラ。エネルギーを入れられるのを好まないのは3、5、7のチャクラで、これらのチャクラに無理にエネルギーを押し込むと、反発反応やエネルギーの逆流が起きる。

 反発反応やエネルギーの逆流は、時に強い感情反応や、体の不快感を伴う。この反応を漢方で言う「めんけん」のように考え、ヒーリングの効果が出ている証拠だと考える人がいるが、それは必ずしもそうではない。

 ヒーリングを受けるたびに強いネガティヴな反応があり、どれほど続けても肉体や感情の症状がいっこうに改善しないなら、行う側も受ける側も、そのヒーリングは本当に有効なのかどうかを考える必要がある。

 とり入れるためのチャクラにエネルギーを流してもらうのは、体に自然にエネルギーが吸収される感じがよくわかり、気持ちがよい。そこからとり入れられたエネルギーはスムーズに体全体に回り、オーラのチャージや浄化に目に見える効果がある。

 オーラが浄化されると、体感的に、すっきりした感じや、心身が軽くなった感じなどある。オーラがたっぷりチャージされれば、何より元気(=エネル ギー(「気」)が回復した状態)になった感じがし、人によっては深いリラックス感や、気分が上気した独特の「幸せ感」などを感じる。

 7つの主要なチャクラの中でも、第1チャクラと第7チャクラは、やや働きが特殊だ。第1チャクラには大地からエネルギーをとり入れる働きと、それ を体に送り出す働きの両方の機能がある。また、第7チャクラはすべてのチャクラとオーラのエネルギーを統合して、体とオーラの全体を包む「光のシールド」 を編む機能がある。

 足と第1チャクラからとり入れられるエネルギーは、肉体と、肉体にもっとも近いオーラの第1レベルを流れ、健康を支える。オーラの第1レベルは、 周波数も肉体に近く、肉体と一体だと言ってもいい。キルリアン写真に映るのも、オーラを見る練習を始めて最初に見えるのも、このレベルのオーラである。

(『スピリット通信』2005年9月16日号(vol. 6))

|

« オーラとチャクラ:太めの人の運動はなぜ続かない? | Main | オーラの色の意味 »

07. 体と心 チャクラとエネルギー」カテゴリの記事