« 第3チャクラ | Main | ハンズオン・ヒーリング:クライアントからのメール(2) »

July 25, 2008

ハンズオン・ヒーリング:クライアントからのメール(1)

 ハンズオン・ヒーリングを受けたクライアントからのフィードバックの一部です。個人情報保護のため臨床記録は公開できませんが、クライアントの方の方自身からのメールの一部を掲載します。プライバシーを守るため、文の一部を割愛しています。

                 ☆



「セッションを受けて感じたことをメールします。
 力強いエネルギーを感じました。2チャクラは染みこむように温かく感じました。
 後半、再び足の方から流れてくるエネルギーがものすごく温かくて、熱いというのとは違う温かさで、冬の寒い時に温かいお風呂にはいって体の芯までじわ〜っと温まる、あの感じでした。芯から温まって心地よくて、今まで自分は冷たい水の中にいたような感じがしました。
 [エネルギーの色は]オレンジ?と思ったら、骨のオレンジ、2チャクラ、生殖器、免疫力も全部関連しているなぁとヒーリングを受けながら思いました。
 ヒーリング中、そのあと夢というか映像をみました。
 由衣さんが紫色のアヤメ(絵的には菖蒲)の花をガラスのボールに摘んでいて、ボールの中には水が入っていて、由衣さんが花びらを水の中で揉むと一瞬緑色、次の瞬間すぐ鮮やかな深い紫色に水が染まり、その水をダーーーーーっと私の2チャクラに注ぎ込む・・・というものです。(笑)超・リアルでした。
 (一瞬の緑色は、夏至の日のハワイ島で見たグリーンフラッシュを思い出しました。)
 ....
 .... アヤメの紫色の水を2チャクラに注ぎ込んだというのが、象徴性があるように感じました。
 最後の10分くらいは違うエネルギーを感じて、もしかしたら子宮のヒーリングかなという感じがしました。アストラルのエネルギーも感じました。
 最後、外で太陽の日差しをあびている紫色のアジサイの花がパッと視界にとびこんできました。『あ、晴れたみたい』と思って外をみたら、どんより梅雨空(といっても目は閉じて寝ている状態だった)。
 ぱっと明るい光を感じた時に終わったという感覚があったので、目をあけて時計をみたらきっかり45分でした。遠隔ヒーリングの方が[ヒーリングが終わったタイミングが]わかりやすいみたいです。
 外をみたらやはり雨雲でしたが、視界がものすごくクリアではっきりくっきり、明るくなっていました。映画館から出た時みたいな眩しさでした。
 ....
 肉体レベルに働きかけるってヒーリングってこうなのだなと思いました。」
 (2008年、女性)



 「.... これまでヒーリングを受けてきて、今回やっとプラスに転じた感じがします。つまり、今まではマイナスを補うのにやっとという感じだったのです。
 これまでは、脾臓や肝臓などを中心にエネルギー不足だったように思いますが、徐々に変化してきた感じがします。漢方薬との相乗効果もあるのでしょうが、前のように日々疲れているということがなくなりました。
 疲れていないと、当然できることも増えて、仕事も集中してできるようになったし、単純に人生を楽しめるようになってきている気がします。
 特に3月のヒーリングの後、食べ物を含め、いろんなことを受け入れ、とり入れることがスムーズになってきました。由衣さんのヒーリングは体にいることを楽しくさせてくれるように感じます。」
 (2008年、定期クライアント、女性)



 「 ... なんと言っても『顔』のバランスがとれたということ。効果はセッション後すぐにも現れましたが、翌日の顔といったら.... いままでみたことがない自分の顔でした。....
 ヒーリングは直後の変化もありますが、時間が経過してからの持続力を実感しています。」
 (2008年、女性。全身を整えながら頭蓋をバランスさせた結果、顔全体のバランスがとれて顔形が変化、現在も持続)



 「[顔全体の]リフトアップ、目が大きく開いたこと、後頭部の形の変化(絶壁だったのが上がりました)。もう本当に驚きです。すごすぎます...」
 (2008年、女性。何回かのセッションで脚を土台に全身を整えた後、この回に顎関節症のヒーリングであごのかみ合わせを調整し、頭蓋と顔全体をバランスさせた。結果としてあごから頬の輪郭が整い、顔全体がリフトアップし、目が大きくなり、一重まぶたが二重に。セッション直後に複数の人が目の大きさや顔立ちの変化を確認し、変化は現在もそのまま。
 数回のヒーリングで肉体が全体的に整ったところで頭部が整合され、比較的短い時間でクライアント本来の顔立ちが引き出された幸運な例)



 「ヒーリングセッションどうも有り難うございました。
 ディーンさんがセッションにバウンダリーの強化も含めると話されてましたが、あの身体が大きく充実した感じは、そのバウンダリーを感じたのかなと思っています。
 非常に柔軟な細かい網目のウェットスーツを着た感じです。ハートチャクラもかなり軽くなり『いったい今まで....』という感じです。
 また肩から前腕が楽になったのも大きく、呼吸が随分楽になりました。
 ディーンさんとユイさんのエネルギーのタイプの違いを体感できたのも大きかったです。
 例えるなら、ディーンさんのエネルギーで細胞が呼吸できるスペースが作られ、ユイさんのエネルギーで水が浸み込むように細胞が潤い、肉体レベルで生き生きした感じでした。
 面白いですね。ヒーリングの奥深さを垣間見ました。ありがとうございます。」
 (2007年、女性)



 「先日は夫のヒーリングをありがとうございました。ヒーリングの翌日から夫がとても喜んでいるので、ご報告します。
 3年くらい耳鳴りに悩まされていたようですが『気のせいかと思ったけれど、耳鳴りがしないんだ!』そうです。
 お医者さんには耳鳴りの原因はほとんどわからないので一生付き合っていくしかない、といわれていてあきらめていたので、本当に喜んでいます。
 耳鳴りのストレスが減ったからか、顔色がよくなったような気がします。外でないているセミの声がわかるようになったそうです(笑)。ありがとうございました。」
 (2007年、男性。セッション前に病院で「軽い小梗塞」の診断。以下はセッション前の状況とセッション後の経過をまとめてもらったもの)

 「ヒーリングを受けようと思った理由は、興味があったからと、小梗塞だといわれて不安な点があったからです。
 夜寝ようとしたら、横になっているのにふわーっと体が沈んでゆくようで、たちくらみがしているような感じで気持ちが悪くなり、もしかして死んでしまうのかなと不安になりました。
 救急で病院に行きましたが、専門医がいないので明日来てくださいと言われ、翌日いくと耳から来るめまいではないかと言われ、耳鼻科のある総合病院に行きました。
 そこでは耳鼻科ではなく脳の方ではないかと言われて、MRIをとりました。別の専門の総合病院へレントゲンを持って行き、そこで軽い小梗塞だと言われました。
 3年か4年くらい前から、気がついたら耳鳴りがしていました。
 ヒーリングを受けるとすぐに耳鳴りが止みました(残念ながら半年後くらいには戻ってしまいましたが)。
 その後、今年の5月に健康診断をしてもらうと....
     肝機能が健康体になっていた
     尿酸値が平均値より下がっていた
     たまにあった立ちくらみがなくなった
 上記三点は、今でも良いままです。
 あれからお酒の量もだいぶ減り、ランニングも続けています。
 ヒーリングは肉体に作用したけれど、心にも効いたと思います。なぜなら、健康のことを気遣うようになったからです。」(2008年7月記)


|

« 第3チャクラ | Main | ハンズオン・ヒーリング:クライアントからのメール(2) »

01. ヒーラーという仕事」カテゴリの記事