« 遠隔グループ・エネルギー・メディテーション | Main | 第5チャクラ »

May 24, 2009

『未来への記憶 自伝の試み』河合隼雄

 日本で最初のユング派分析家で「臨床心理学の第一人者」と言われる河合隼雄さんは、著作を通してだが、今生きている日本人の中では自分がもっとも影響を受けた人だと思う。

 アメリカのヒーリングスクールで教鞭をとりながら、東洋文化とアメリカ文化の葛藤に悩んでいた時に出会い、救いの雨のように著書をむさぼり読んだ。

 その河合さんの自伝。河合さんはユング派の分析家としても卓抜した人だと思うが、それを裏打ちするあたたかな人柄、揺るがない信念(いい意味での頑固さ)と、オープンな人間性についても感じることができ、読んでいてけっこう楽しい。

 薄くて読みやすいので、他の著作が敷居が高いと感じている人にも勧められる。

河合隼雄 
未来への記憶 自伝の試み<上>
未来への記憶 自伝の試み<下>

|

« 遠隔グループ・エネルギー・メディテーション | Main | 第5チャクラ »

05. 本の紹介とか雑談」カテゴリの記事