« 伝統的な「式」とエネルギー | Main | ハンズオン・ヒーリング:クライアントからのメール(4) »

August 11, 2009

グラハム・ハンコック『タリズマン 秘められた知識の系譜』

グラハム・ハンコック『タリズマン〈上〉―秘められた知識の系譜

グラハム・ハンコック『タリズマン〈下〉―秘められた知識の系譜』

 4年前に出たばかりの時にすぐ読んでるのだが、聖職への任職を期にまた読み返している。

 私の神学的思想傾向? それは任職と前後してこんなものを読み返していることからもわかります(笑)。

 この系列の本の中では、歴史面でももっともよくリサーチされ、客観的、体系的に書かれていると思う。グラハム・ハンコッ クには、「行動する精神思想ジャーナリスト」の称号をあげたい。


  • |

    « 伝統的な「式」とエネルギー | Main | ハンズオン・ヒーリング:クライアントからのメール(4) »

    05. 本の紹介とか雑談」カテゴリの記事