« 「2012年が世界の終わり」と騒ぐ、終末思想主義者と精神世界ビジネス(うんざり) | Main | ハイチ地震緊急援助活動の支援先 »

January 11, 2010

ボルネオ自然保護区のオランウータン

 西洋歴の新年が明けてちょっと静かになってから、家から車で1時間くらいのラサ・リア・リゾートへ。隣接する自然保護区で、オランウータン観察に参加した。

 ここの保護区には、森林の伐採で親をなくして保護された子供のオランウータンが集められている。もう少し大きくなると、セピロックの保護区に移され、そこで自然の中で自活できるようになるまで生活することになる。

Rrutan1_3

朝ご飯の時間になると、子供オランウータンが綱を渡り、森からやって来る。







Rrutan2_2

好物のランブータンを食べていると、野生の猿がお相伴に預かりに...。

考え深げな表情がなんとも言えない。




 オランウータンの深い、黒い瞳。その瞳に宿る純真無垢さと深い知性を感じていると、造化の妙にうたれる。

 だが同時に、本当はこの子たちは「ここ」にいるべきではない。本来なら、人の手も届かぬ森の奥で、静かに暮らせているべきなのだ。

 愛らしい子供のオランウータンを見て「かわいー」だけで済ませられないことろが自分の苦労性と言えば、まあそうだが、それを捨てたいとは思わない。

                 ☆

 「オランウータンの子供たちが母親から引き裂かれることなく、すべてのオランウータンがその性質のままに、穏やかに、幸せに過ごすことのできる日が早く来ますように。」




オランウータンの窮状と保護活動については...

Borneo Orangutan Survival Foundation (日本語)

|

« 「2012年が世界の終わり」と騒ぐ、終末思想主義者と精神世界ビジネス(うんざり) | Main | ハイチ地震緊急援助活動の支援先 »

03. 動物といっしょ」カテゴリの記事