« ハンズオン・ヒーリングの重要性 | Main | 高野山での研修とリトリート »

January 28, 2012

「ヒーラーのためのエネルギー解剖生理学」講座

☆ 2/4、2/5は定員締め切り、キャンセルによる空席待ちのみ(1/27)

☆ 2/18、2/19はわずかに残席あり(1/27)




 1/21、22は40名の熱意ある受講者とともに、高いレベルで安定してクラスを進めることができ、楽しく充実した時間を過ごしました。人間の肉体の精妙さ、奥深さ、エネルギーを媒介に「小宇宙」である肉体とじっくり向かい合う楽しさを、すべての人に経験してもらうことができたと思います。受講者のみなさん、ありがとう。

 秋のパート II の日程については、パート I の全回受講者から優先して受け付けを開始します。




 ヒーラー、ボディワーカー、看護師の人はもちろん、エネルギーの視点からじっくり肉体を理解しセルフケアに役立てたい人にも。

 ヒーラーが必要とする解剖生理学の基礎を、とくに実際にハンズオン・ヒーリングの現場で作業を進めていく際に役立つ実用的な視点からポイントを抑えて講義し、理解した内容を実習を通して落とし込んでいきます。

              春(I)

(1)1月21日 筋肉系 <終了>
(2)1月22日 骨格系 <終了>
(3)2月4日 消化器系(胃・腸)
(4)2月5日 消化器系(肝臓・胆嚢・膵臓)
(5)2月18日 泌尿器系(腎臓・膀胱)
(6)2月19日 生殖器系

               秋(II)

(7)10月20日 循環器系(心臓)
(8)10月21日 循環器系(血管・リンパ系)
(9)11月3日 呼吸器系
(10)11月4日 内分泌系
(11)11月17日 感覚器系
(12)11月18日 脳・神経系

              テキスト

『からだの地図帳』
・ウィン・キャピット『カラー・スケッチ解剖学

|

« ハンズオン・ヒーリングの重要性 | Main | 高野山での研修とリトリート »

14. 雑記・未分類」カテゴリの記事