« 新しく何かを生み出そうとする時、風は向かい風なのが当たり前[Tweetまとめ(3)] | Main | Webクラス、じわじわと »

June 27, 2012

エネルギーのケア 放射線によるダメージの理解

 事故後の状況の分析、とくに食生活などで気をつけるべきことは、事故の直後から『ヒーラー&アルケミスト』の方に続けて書いてきたので、ここではエネルギー・ヒーリングの視点に絞って、専門的になり過ぎない程度に書いておく。

 放射線が肉体にダメージを与えるおもな仕組みは、DNAを損傷させることだ。DNAは通常の場合でも、複製ミス、代謝により発生する活性酸素、紫外線や宇宙線を含む自然放射線などによって損傷する。DNAの損傷は加齢やガン化の引き金になるが、それ自体は生きていく上で普通に起きる現象で、通常でも1日1細胞あたり50,000~500,000回ほど発生するとされる。

 こんなに頻繁にDNAのどこかに損傷が起きても我々が普通に生きていけるのは、肉体には、DNAが壊れていくはしから修理していくような極めて優れた修復機能が備わっているからだ。しかし細胞が年をとるとこの修復機能が低下し始める。修復速度が落ちて損傷の発生速度に追いつかなくなると、いわゆる老化やガン化が目に見える形で起きてくる。細胞自体のダメージが激しい場合はアポトーシス(細胞死)に到る。

 細胞自体が老化し、DNAの損傷の発生数が修復速度を超えるようになると、損傷が蓄積し始め、たんぱく質の合成が減少する。細胞内のたんぱく質が消耗すると、細胞自体が次第に損傷して死滅するものが増え、体の組織や器官の機能が低下し、病気や加齢症状となって現れると一般的には考えられている。

 放射線被曝では、通常の代謝や環境要因からのDNAの損傷に、放射線による損傷が加わる。その結果、細胞の生命力が低下し、肉体や臓器の機能が低下する。軽度の被曝であっても細胞の再生・修復能力に追加の負担がかかるので、疲れやすさ、活動力の低下、免疫力の低下、怪我や病気からの回復力の低下などが起きる。

 このような体への負担は、「被曝は年間○ミリシーベルトまでは大丈夫」というように線引きできるものではない。

 1ベクレルという単位は、放射性物質が体の中で毎秒1個(1時間に3,600個)が崩壊して放射線を放つ量だ。だからたとえ1ベクレルであっても、それが通過していく臓器や周辺組織の細胞にダメージを与える。

 ただ健康な人ではDNAの修復機能が働き、ある程度までの追加の損傷数はカバーできるので、目に見える病気にまではならないというだけだ。体の修復機能がどの程度まで追加の損傷を処理できるかは、人によって違う。

 「100ベクレルのものまでは食べても安全」などと言い切る人は、医者でも学者でも、人間の体を機械のようにしか思っていないことがわかる。それは「小さな切り傷なら100個までは出血多量で死ぬことはない」と言っているようなものだ。

 生命を生命と感じる人なら、小さな傷でも個体にとってはストレスだというのはわかるし、実際、傷が癒えるにもDNAの修復を行うにも、追加の材料やエネルギーなど体のリソースが消費される。

 ハンズオン・ヒーリングの視点から言えば、DNAの複製や修復にはエネルギーが必要だ。細胞のエネルギー・レベルが低下すると(充実度が落ちると)、複製ミスが出たり、修復が不完全になったり速度が落ちる。

 例えば怪我の傷跡や手術跡が残るのは、ハンズオン・ヒーリングの視点からは、体が回復しようとする時に、細胞が完全な自己複製をするのに必要なエネルギーが足りなかったためと考えられる。そのため、自己治癒が途中で止った形になっているのが「傷跡」だ。だからその部分の細胞に、不完全な再生(「傷跡」)のパターンを乗り越え、健全な形で複製を再開するのに必要なだけのエネルギーをたっぷり流してやると、古い傷跡や手術跡などは目に見えて癒え始める。

 私はこういうケースのヒーリングをたくさん扱ってきて、10年かそれ以上前の傷跡や手術跡さえ治るのを見てきた。大きく切る手術でも、直後にヒーリングを入れられれば、ほぼ跡が残らないぐらいにきれいに治ることは珍しくなく、怪我や手術で神経が断裂して残った部分的なマヒなどにも、はっきりと動きに変化が出る。

 5年、10年も治らなかった傷が、ハンズオン・ヒーリングを受けて再び治り始めるという多数のケースは、エネルギーを介して細胞の再生能力に働きかけることが可能だということを示している。

 ガンの放射線治療の副作用は被曝のダメージと同じだが、放射線治療中の人にハンズオン・ヒーリングを並行して受けてもらうと、副作用がある程度(時には大幅に)抑えられる。これは放射線によるダメージから体が回復するのを助けられる可能性を示す。

 DNAの損傷を修復するには、DNA分子や補修酵素の物理的な材料と、合わせて追加のエネルギーが必要だ。そのどちらかが足りないと、修復ペースが落ちたり不完全になる。修復が追いつく以上の速度で損傷が起き続ける場合には(例 高濃度の汚染地に住んでいる場合や、放射性物質を含んだ食べ物を常食する場合)、DNAの損傷が蓄積していく負のスパイラルに陥る。

 DNAの損傷を防ぐには、物理的にその原因を除くか減らすことがもちろん最優先で、現状では外部・内部の被曝を減らすために、あらゆる手だてをとるべきだ。その上で、ハンズオン・ヒーリングを追加のケアとして入れれば、スパイラルが下向きに落ち続けるのを歯止め することができる。これにはシンプルなホームケアであっても助けになる。

 とくに成長期で細胞分裂の盛んな子供は、放射線からのダメージを受けやすいが、外部・内部被曝の要因が取り除かれれば(汚染地から出て、きれいで栄養豊富な食べ物を食べるようになれば)、回復も早い。これはチェルノブイリの子供たちの例でもはっきりわかっている。追加の放射性物質が体に入らなくなれば、残った放射性物質は徐々に排出され、体は癒えていくことができる。

 事故から1年余り。最初の頃は食事管理にも非常に気をつけていた人たちの中にも、精神的な疲労がたまってきている。だが「もう何をやっても無駄」と諦めさせようとする内的・外的圧力に負けてはいけない。子供たちのために、そして自分自身や家族のために、不要な病 気や痛みを避けるためにできることは、たくさんある。

エネルギーの海 スピリット通信』2012年6月24日号(vol. 36)



参考
エネルギー療法(ハンズオン・ヒーリング)無料クリニック
School of Healing Arts and Sciencesの社会奉仕活動の一環として、子供さんとご家族を対象に、定期的に無料施術を行っています。

|

« 新しく何かを生み出そうとする時、風は向かい風なのが当たり前[Tweetまとめ(3)] | Main | Webクラス、じわじわと »

06. 体の手入れ 環境との関係」カテゴリの記事

07. 体と心 チャクラ オーラ エネルギー」カテゴリの記事