« 「アルケミーの系譜とアルケミストの道のり」オンライン・レクチャー | Main | カタリ派の村と城 乗馬トレッキング/南フランス »

July 08, 2014

エミリー・コンラッドとヴァレリー・ハントの訃報

 4月にムーヴメント教育家のエミリー・コンラッドが亡くなったことは、その日のうちに知った。だがその2か月前にヴァレリー・ハント博士も亡くなっていたことは、ロザリン・ブリエール師から聞かされるまで知らなかった。

 コンラッドは享年79歳、ハントは97歳。いずれも亡くなる間際まで研究と教育活動の一線で現役だった。

 ロザリン・ブリエールの『光の輪』やバーバラ・ブレナンの『光の手』を読んだ人は覚えていると思うが、1970年代にハントがブリエールとともにアイーダ・ロルフやコンラッドを交えてUCLAで行った研究は、まさに近代ヒーリングの方向性を指し示す礎になり、それ以降の研究者やヒーリング界の流れに大きな影響を与えた。

 ヴァレリー・ハントとエミリー・コンラッド、ロザリン・ブリエールの3人はプライベートでも親しく、互いに影響し合い、またチャレンジに満ちた近代ヒーリングの先駆者としての道を歩む中で支え合った。

 この5月にブリエール師と落ち合った時、私の顔を見るや否や師はまっ先にこう語り出した「......年上の2人が自分より先にいくだろうことはわかっていたけれど、ほとんど同時に彼女たちを失うことになるとは思っていなかった......」。


 「時代が過ぎゆく」ということを日々、肌に感じることが増えているのだけれど、ヒーリング界でも変化が続いている。その多くは水面下でだが、実際に川に足を踏み入れている者には、まぎれもなくその流れを感じることができる。


エネルギーの海 スピリット通信』2014年7月1日号(vol. 39)

|

« 「アルケミーの系譜とアルケミストの道のり」オンライン・レクチャー | Main | カタリ派の村と城 乗馬トレッキング/南フランス »

01. ヒーラーという仕事」カテゴリの記事