« ビタミン、ミネラル、サプリを賢く選ぶ | Main | 聖母コネクション(イシスとマリア) »

October 24, 2016

読書リスト(1)

(読んだ時期ごちゃまぜ)

ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法
逸身喜一郎

 読んで面白く、繰り返し読んでも味わいがある。

 文法書のよしあしは結局、著者がその言語をどれだけ深く自分の骨にしみ込ませているかだと思うが、その意味では本当に優れたラテン語の入門書。

 英語の文法書でもこういうレベルで書かれたものがあればどれだけいいだろうと思う。

タリズマン〈上〉―秘められた知識の系譜
タリズマン〈下〉―秘められた知識の系譜
グラハム ハンコック

 これも何度読んでも重要な本。

 ハンコックは20世紀後半から21世紀前半における最良のノンフィクション作家の一人であり、「秘められた知識の系譜」につらなる研究者、実践者でもある。

Know Your Magnetic Field
William E. Gray

 ウィリアム・グレイはルース・モンゴメリーの『Born to Heal(癒すために生まれた男)』のモデルになったヒーラーで、私の師匠ブリエール師の師に当たる。

 生涯に無数の奇跡的ヒーリングを行い、そのエネルギーは「電気に感電するような」体感があったと言われる。

 グレイが亡くなった時、「彼は自分のヒーリングの力をロザリン・ブリエールに与えて去った」と噂が立った...。

 (ああ、あのビリビリですね(笑))

 この本を読んで、ブリエール師が神経系にこだわる原点がわかった気がする。また、長く動かされていなかった体の部分の動きをヒーリングで取り戻させる時、私はいつも最後に対応する脳の反射路を調整して終えるのだが、グレイが同じことをやっている記述があって、「お」と思った。

時砂の王
小川一水

 ラノベから普通のSFに脱皮することのできた数少ない作家らしい。

 もう1冊、『青い星まで飛んでいけ』(短編集)も読んでみたが、確かに文章はうまくない。しかし読後感がよく、「読んでよかった」と思える作家というのはわかった。

 短編集の方は確かにラノベっぽい部分もあったが、この『時砂の王』はストーリー構成も骨太のちゃんとしたSF。こういうものを書ける作家がまた日本にも出てきていたのはうれしい。

 (注 一般のラノベは、最近の若者の感性を理解しようと思って何度かチャレンジしたが、2ページ目より先に進めたことがない...。)

あなたの人生の物語
テッド・チャン

 久しぶりに、上質のSFを読むよろこび。

 知的な刺激と、じわじわと胸に染み込む物語の見事な調和。こんなSF、もう何年も読んだことがなかった。

ジョーゼフ・キャンベルが言うには、愛ある結婚は冒険である。
ジョーゼフ・キャンベル対話集

 ...というタイトルだけど、「結婚」については最後の章でちょっと触れているだけ(笑)。

 神話学におけるキャンベルの業績のとてもわかりやすい入門書。「聖杯」「シャーマン」「死と永遠性」「錬金術」などのテーマを縦横無尽に駆け巡り、重要なシンボルやアーキタイプが対話の中にぎゅうぎゅう詰め。

 アルケミーの研究者必読。

今あるガンが消えていく食事
進行ガンでも有効率66.3%の奇跡

済陽高穂

 食餌療法でガンや難病に取り組むための本はたくさん出ているが、この本の特徴は、現役でガン治療に取り組む消化器外科医が書いていること。

 「信念」よりもデータと実用性に基づいて、バランスよく、実践しやすい形でアプローチがまとめられている。食餌療法を学びたい人は、信念系の本と合わせて、こういうバランスのよい&最新データの反映された本も読んでおくのがよいと思う。

ナバホへの旅 たましいの風景
河合隼雄

 ユング派分析の河合隼雄さんが、自身が関わったナバホ族のシャーマンやメディスンマンとの経験について書いている。

 先住部族について書かれた本は山ほどあるが、やっぱり河合隼雄さんだなという1冊。

 オープンで、手堅く現実的で、それでいて深い。

 シャーマニズムと心理療法の接点についての話もとても興味深い。

|

« ビタミン、ミネラル、サプリを賢く選ぶ | Main | 聖母コネクション(イシスとマリア) »

05. 本の紹介とか雑談」カテゴリの記事