« ブログの記事を整理中 | Main | フラワーエッセンスは希釈するほど強力になるか? »

September 09, 2017

フラワーエッセンス 対処療法と長期的使用

Ohangonbl

 今回はフラワーエッセンスの短期的使用と長期的使用ということについて、少し書きます。

 フラワーエッセンスを服用すると、エネルギーの感覚がある程度開いている人では即座に、体やエネルギー、あるいは感情面での反応が経験されることは、知っている人も多いと思います。

 が、こういった短期的反応を経験することだけが、フラワーエッセンスをとる目的でありません。

 リソナンス(共振性)という作用の仕組みから、副作用がなく、誰にでも安全に使えるレメディとしてのフラワーエッセンスは、とてもありがたい存在です。

 緊急時やここ一番という時にも、フラワーエッセンスほど多様なサポートを提供してくれるものはありません。

 『フラワーエッセンス・レパートリ』を読むとわかりますが、緊急時の気つけ薬的働きから日常的なストレスへの対応まで、人間の経験するありとあらゆる状況に、ぴったり対応するエッセンスが存在すると言えるほどです。

 フラワーエッセンスに初めて出会い、そのすばらしさに感激した人の誰もが通過する時期があります。

 それは、日常生活のありとあらゆることにエッセンスを使わずにはいられず、エッセンスを使わないと不安にさえになってしまう、「エッセンスおたく」の状態に入ることです。

 「朝はまず目覚めに、モーニンググローリーとローズマリー。

 仕事中は自信と集中力をつけるためにマディアとシャスタデイジー。

 嫌いな上司から自分を守るためにヤロウ。

 同僚の言葉に傷ついたらスターオヴベツレヘムか、ひどい時にはファイブフラワー(レスキュー)。

 合間に は都会の環境汚染から体を守るためのヤロウ環境エッセンス。

 家に帰ったらリラックスするためにキャモミールとラヴェンダー。

 お風呂には浄化用にクラブアップル。

 寝る前には夢見がよくなるようにマグワートとスターチューリップ....」

 さすがにここまでいかなくとも、使い始めの頃のエッセンスの選び方はしばしば、こんなふうにもっぱら目先のことに向いた、対処療法的なものになりがちです。

 とりあえず気になって仕方のない目の前の悩みや状況を、手っとり早く解決してくれそうなものを選び、そして効果が感じられたどうかに関係なく、その状況が過ぎればエッセンスをとるのも忘れてしまうといった経験はありませんか。

 上の例はちょっと極端で、実際にこんな使い方をしていたら、本当の効果は感じられないはずです。

 1日の間にとるエッセンスの数が多すぎると、体とエネルギーの方で混乱してしまって、反応しなくなるからです。

 ですから、実際に上のような使い方をしている人がいたとしたら、それはエッセンスの効果を実際に受けとっているというよりは、エッセンスを気休めのお守り代わりに使っているようなものです。

 そして本人が「効果」と思っているのは、多分にプラシーボ的なものです。

  普通、混乱を起こさずに1度にとることのできるエッセンスは、5種類くらいが限度です。

 テーマを絞らずに使い散らせば、エッセンス同士が効果を打ち消すよ うな状態になることもあります。

 それはともかく、対処療法的な使い方をしても、エッセンスは助けにはなります。

 しかしフラワーエッセンス療法の本領は、魂の成長過程の触媒として、長期的に用いられることにあるのです。

(Originally published January 2005. Refreshed September 2017)



© 2017 School of Healing Arts and Sciences. All rights resrerved.
 この記事の文章と画像を含むコンテンツを、一部と全体に関わらず、許可なく外部の媒体、メディア、ブログ、SNS、ポータルサイトに転載・転用することを禁じます。 フェアユースの範囲での引用については、ソース(「School of Healing Artsand SciencesのWebクラス」)を記載し、このページをリンクしてください。

|

« ブログの記事を整理中 | Main | フラワーエッセンスは希釈するほど強力になるか? »

00. トップページ」カテゴリの記事

08. フラワーエッセンス フラワーレメディ フラワーメディスン」カテゴリの記事