« チャクラとオーラ:太めの人の運動はなぜ続かない? | Main | ブログの記事を整理中 »

September 01, 2017

ヒーリングセッション

ヒーリングセッションの問い合わせは、
(1)名前、(2)年齢、(3)住所、(4)セッションを希望する理由(病気症状がある場合は診断内容と治療歴)、(5)写真(スナップ)、(6)犬・猫の場合はブリード名
を添えてオフィスまで → office@lifeschool.blue.coocan.jp

・スケジュールが立て込んでいる時や旅行中はセッションは入りません。
・アルケミープラクティスは、1週間から10日間隔で、6回の連続セッション枠がとれることが必要です。



☆ ハンズオンヒーリングとは

☆ ヒーリングについての本

・ロザリン・L・ブリエール『光の輪
・バーバラ・アン・ブレナン『光の手(上)』『光の手(下)』『癒しの光(上)』『癒しの光(下)
・ドロレス・クリーガー 『セラピューティック・タッチ』 『セラピューティック・タッチの技法

ハンズオンヒーリング/遠隔セッションで可能なサポート

 ・ 肉体が本来もっている治癒力を引き出すことで、一般的な病気や怪我からの回復を促し、心とからだの健康とバランスの回復を助ける

 ・ 肉体が本来もっている治癒力を引き出すことで、けがや手術の後遺症からの回復を助ける(傷の治りを速め、治癒を促す)

 ・ 放射線治療や化学療法など、通常医療の治療に伴う副作用の経験を軽減し、体力の回復を促し、治療からベストの結果を受けとれるよう助ける

 ・ 身体のマヒや可動域の制限を伴う症状やけがの後遺症からの回復を促す(古い怪我や手術跡にも有効)

☆ ヒーリング依頼者のコメント()()()(

アルケミープラクティスで可能なサポート

☆ アルケミープラクティスとは

☆ アルケミープラクティス依頼者のフィードバック(引用まとめ

 

|

« チャクラとオーラ:太めの人の運動はなぜ続かない? | Main | ブログの記事を整理中 »

01. ヒーラーという仕事」カテゴリの記事

14. 雑記・未分類」カテゴリの記事