« このブログについて | Main | 出版準備のため、一部の記事を公開終了 »

June 16, 2018

フラワーエッセンスとエネルギーの感覚

Ajisaimakingblog

(「フラワーエッセンス 自分に合うメーカーを探すには」の続き)

 「メーカーごとのエッセンスの違いなんて、そんなことが本当にわかるの?」と思う人もいるかもしれませんね。

 わかります。きちんとポイントを抑えてを行えば、誰でもほぼ間違いなく違いを感じることができます。

 これまでに意識してエネルギーを感じたり、精妙な感覚の経験を言葉にする習慣のなかった人だと、最初にちょっととまどうかもしれません。

 それも少し練習すれば、エッセンスメーカーごとの質の違いや、それ以外のいろいろなことを感じとることができるようになります。

 私が考案したフラワーエッセンス・リサーチの手順は、School of Healing Arts and Sciencesの卒業生にも踏襲されていますが、私自身、新しくフラワーエッセンスを作った時には、以下のように第一段階のテスト兼リサーチをします。

 重要なポイントは、参加者に何の花から作ったエッセンスかは一切教えないこと(テストが終わるまで)。

 何の花か知ってしまうと、そのイメージが内的な感覚に覆いかぶさって、エッセンスの質自体を素の状態で経験することが難しくなります。

 使うのは500ミリリットルのミネラルウォーターに数滴のマザーエッセンスを落として希釈、活性化したものです。

 参加者は各自、それを少しづつ手もとのコップなどにとって、口に含んだり、手にとって肌にすり込んだり、自分のやり方でエネルギーを感じとります。

 この間、他の人とは一切話をせず、静かに自分の経験に集中します。

 しばらくして、自分が感じたことを紙に書きだしてもらいます。

 全員が書き終わったら、その紙を集め、内容をボードに書き出していきます。

 書き出された内容(全員の経験)を眺め、そこに特定のパターンがあるかどうかを見ていきます。

 そうすると、「半数の人がグラウンディング(大地とのつながり)の効果を感じた」「3分の1の人が視力の変化を経験し、目や第6チャクラへの効果を感じた」「40人中、12人の人がハートが開く(ハートや胸で感情が動く)のを感じた」というようなパターンが見えてきます。

 グラウンディング効果の感じ方は、「からだが重い」「下に引っ張られる感じ」といった体感的なものから、「第1チャクラが熱くなり、活性化された」「足からエネルギーが上がってきて、からだが温まった」といったエネルギー的なものまで、人によってさまざまです。

 目や第6チャクラへの効果では「視界が明るくなった」「視野がクリアになった」といった形で体感されることが多いです。

 数滴のマザーエッセンスを落としただけのミネラルウォーターは、物理的には、かすかにブランディの香りのする「水」以外の何ものでもありません。

 しかしそこから参加者の一人一人が自分の感覚を通して得ることのできる情報の量には、毎回、ほとんど感動を覚えます。

 体感や内的な経験以外に、具体的に花の色や形、花びらの感じ、まわりの自然環境などを感じとる人もあります。1年性の植物か樹木かの違いなどは、比較的わかりやすいようです。

 「どのチャクラに作用するか」といった経験も、多くの人で一致するパターンが見られます。

 20年以上ヒーリングとエネルギーの知覚を教えてきた私自身の経験から言えることですが、このような体感を通して精妙なエネルギーを感じとる能力は、すべての人に備わっています。

 ただ、現代人ではその感覚が鈍っているので、感覚を開いて磨きをかける練習は役立ちます。

 フラワーエッセンスをとりながら、自分の内面を静かにして、エネルギーの質を感じとるよう努めるのは、感覚を開くためのよい練習です。

 豊かな自然の中で、自然に耳を傾けながらぼんやりと過ごす時間も助けになります。

 植物のエネルギーに対する感覚は、意識的にエッセンスを使えば使うほど、また自分自身と向かい合う経験が積まれていくほど、開かれ、磨かれていきます。

フラワーエッセンス入門』(vol. 3)

Originally published in February 2005. Refreshed in June 2018.

 


© 2018 School of Healing Arts and Sciences. All rights resrerved.
この記事の文章と画像を含むコンテンツを、一部と全体に関わらず、許可なく外部の媒体、メディア、ブログ、SNS、ポータルサイトに転載・転用することを禁じます。
フェアユースの範囲での引用については、
このページを出典ソースとして記載し、リンクをつけてください。

|

« このブログについて | Main | 出版準備のため、一部の記事を公開終了 »

00. トップページ」カテゴリの記事

08. フラワーエッセンス フラワーレメディ フラワーメディスン」カテゴリの記事